So-net無料ブログ作成
人と人 ブログトップ

「帰国子女について」 by Satuki [人と人]

帰国子女って一般的なイメージは十把一絡げなイメージですが千差万別です。
我が家にも二人いますが、タイプは正反対です。
どちらも共通しているのは英語が好き、人とのコミュニケーションが好きなことです。
上は6歳から11歳まで、下は2歳から7歳までロンドンにいました。
兄妹、英語の出来は違いますが、しかし越えられない壁があるようです。
息子は理系ですが、TOEIC900以上ありますが(娘は高校の時点で600を超えていました)
やはりその国の文化が身につかないとネィティブな英語にはならないようです。
飛行機などで隣の人に英語を褒められるようですが、褒められるようではマダマダと言っています。
(意識されずに普通に話しかけられないと)
息子の英語はクイーンズイングリッシュ、娘は今アメリカに住んでいるのでアメリカンイングリッシュです。
英語ができる娘でもただアメリカに住んでいるだけでは英語が上達しないようです。
やはりコミュニケーションを取らないと上達しません。
私、ロンドンではほとんど日本人の方とのお付き合い、海外に住んでいた事は恥ずかしくて言えません。
また共通点として、うちの子たち以外に言えることは自分から帰国子女とは言わないのです。
それは帰国子女と言うにはおこがましくて言えないか、負い目であっても決して自慢にすることではないからだと思います。

皇室に嫁がれていらっしゃる妃殿下は皆さま英語が堪能でいらっしゃる。
高円宮妃はイギリス留学をされ通訳をされるぐらい堪能でいらっしゃる。
皇太子妃は海外生活が長く本当の帰国子女でいらっしゃいますが、日本文化に日本に住んでいる人より長けていらっしゃる。
帰国子女であることを忘れさす、細やかなお心をお持ちのようです。
ご本人の努力とお母様が優れていらっしゃることが良くわかります。
帰国子女は母親、家族の努力がないとその後の人生に影響することが有ります。
秋篠宮妃はご自分で「帰国子女だから」とおっしゃるようですが、あまりご活躍を感じません。
ご長女をイギリスに留学させられましたが半年で身につくものではないですが、これからのご活躍を楽しみにしています。

ーー興味深いお話ありがとうございます。外国に住む時期を持つことにより、2つの文化を理解する人になるか、どちらの文化も理解しない人になるか。それってとても大きな差ですよね。 Harunaーー

「優雅な人、あこがれる人」 by Satsuki [人と人]

私はよく商家の生まれ?と聞かれます。
浪速っ子だから? 大阪=お笑い芸人 or 商売人 しかいないと思われている。
風習を知っているから? これは三世代暮らしていたから
事によっては素早いから?w はい!食べることに関しては!
お金にはむしろルーズなところがあるのに・・・ う~ん・・・

言えることは優雅さに欠けているからでしょうw

 ある母娘さん、その優雅さにあこがれているんです。
お父様がお医者さん、お嬢様お二人は病院勤務の女医さん
嫌味じゃなく。すべて一流なのです。
お休みの過ごし方、愛用品、行かれるレストラン
つい参考に(真似)したくなるのです。
あのように性格が良く、おっとりと愛情ある先生なら、患者としても良いだろうな
と何時も思います。
自分が理想とする人がいたら少しでも真似をしたくなるのが、庶民の性w
あぁ、そういえば、愛子さまがご愛用の物があればすぐに売り切れますよね。
写真に写るだけでOOと口コミなどで広がる。
写真が朝の新聞、ワイドショーに出るとお昼には密林などで売り切れみたいです。
そういえば、昔は皇室って憧れの的でしたよね。
最近は週刊誌などでも優雅な皇室でなく、いつもスキャンダラスな話題で辟易しています。
そんな汚い話題の中で褒められて(ご立派と言われて)も・・・
全てが地に墜ちていくのが分からないのでしょうか?
皇室は、様に思いました。昔は国民すべてが憧れる存在でしたが、
自分を見て、最近ではもっと身近なところで憧れる対象が変わってきているように思います。

 ーーーー視聴率稼ぎのように「話題になりさえすればよい」という在り方は、皇室には似合わないですよね。 Harunaーーーー

「面白い出会い」 by Satsuki [人と人]

スポーツクラブに通って11年
何時も気ままに不真面目に通っています。
私の行く時間帯はご年配の人が多いです。、
何時も顔見知りの人はいますが、挨拶するタイミングを逃し何となく気まずい関係の人もいます。
また、挨拶だけで何も会話しない人、軽い世間話をする人、数人
そんな中で挨拶はするものの、会話をしたことが無い方で
その人にはひそかにニックネームをつけてあったのです。
「高峰秀子さん」今でも美しい方なんです。
何気なく世間話を始めると、その方は京都の人、南座の話からその方も歌舞伎がお好きで
今回の猿之助襲名に興味を持っていらっしゃるとか、そうなんですよね。
猿之助丈、つまり亀ちゃんは天才子役だったのです。
先代猿之助と同じように立役(男)も女方も出来る役者さんなのです。
それから、船の旅もお好きで、話し始めると話が尽きないようになりました。
古代文明がお好きで大英博物館に三日通ったとか、見るからに上品な方でしたが
お話すると引き出しが多く、またマイナーな趣味(歌舞伎、クルーズ)が合うのにはお互いびっくりしました。
気が付けば、お互い上方言葉で盛り上がっていました。
後日、またお話すると手塚治虫が好きということでまた盛り上がってしまいました。
10歳は上とお見受けしましたが、10年後私もその方のように素敵であればいいのに・・・と思いました。

 ーーーー年齢を重ねてからも、気持ちの通じる友人がつくれるってとても素敵なことだと思います。そのお方もsatsukiさまも、良い意味での好奇心や人への気配りをお持ちなのでしょう♪ Harunaーーー
人と人 ブログトップ