So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「春のご馳走」 by Satsuki [暮らし]

春のご馳走
春になると春にしか食べられないものがあります。
ほとんどの野菜は栽培で年中食べられますが、筍、菜の花、蕗の薹、春キャベツはこの時期だけしか食べられません。
春キャベツ以外は蘞味(えぐみ)があります。
蘞味は生命力の元なのでしょうか?新芽にあたるものに多く含まれています。
蕨やぜんまいは灰汁で茹でなければならないほどアクは強いです。
筍はコメの研ぎ汁や糠で茹でます。
しかし、蘞味は旨味と紙一重、この蘞味が美味さなのです。
特に筍が大好きで3月末から5月初めまでは筍ばかり食べています。
年中出回っている筍の水煮に出来ない料理、筍の天ぷら、香ばしい香りがある筍ご飯は外せません。
この季節にしかできないパスタ、筍と菜の花を使ったパスタも美味しいです。
筍や蕗の薹は天ぷらにすると美味しいです。
油が蘞味を旨味に代えるようです。
今は新キャベツの季節です。
生で食べておいしい季節です。
特にこの季節はキャベツのコールスローが美味しいです。
そしてこの季節だけパスタに入れます。

もう初夏のような晩春になりましたが、サクランボが出回ってきました。
さくらんぼ、枇杷もこの季節しか食べられないです。
季節感がなくなってきましたが、これらの食べ物を食べる時が至福の
いや季節感を感じるときです。

 ーーー私も筍が好きです。筍の天ぷらってやったことがない。今度作ってみます♪ Harunaーーー

ゴールデンウィーク(GW) by Satuki [暮らし]

それぞれのご家庭にはGWの過ごし方があるかと思います。
皆さん一斉の移動で高速道路は渋滞です。
時間をお金に換算すれば電車など使う方がストレスが無いかもしれません。
もう子供が成人した私からは
夏休み、冬休み、春休み、GW時間と余裕があれば是非家族旅行をお勧めします。
子供が社会人になったり自分の家庭を持てばみんな集まることが難しくなります。

家族旅行はこの時しか出来ないのです!
家でない特別な空間では家とは違った会話、思い出ができるかと思います。
もし旅行が無理でしたら日帰りでもいいではないですか!
でも日帰り旅行でしたら、連休は避けた方が賢明ですね。

 ーーー子供が親を慕って一緒に行動する時期は短いですものね。1年1年が大切だなと感じます。病気療養中でも懸命に愛娘愛子様との時間を作られている雅子妃殿下は立派ですよね Harunaーーー

「帰国子女について」 by Satuki [人と人]

帰国子女って一般的なイメージは十把一絡げなイメージですが千差万別です。
我が家にも二人いますが、タイプは正反対です。
どちらも共通しているのは英語が好き、人とのコミュニケーションが好きなことです。
上は6歳から11歳まで、下は2歳から7歳までロンドンにいました。
兄妹、英語の出来は違いますが、しかし越えられない壁があるようです。
息子は理系ですが、TOEIC900以上ありますが(娘は高校の時点で600を超えていました)
やはりその国の文化が身につかないとネィティブな英語にはならないようです。
飛行機などで隣の人に英語を褒められるようですが、褒められるようではマダマダと言っています。
(意識されずに普通に話しかけられないと)
息子の英語はクイーンズイングリッシュ、娘は今アメリカに住んでいるのでアメリカンイングリッシュです。
英語ができる娘でもただアメリカに住んでいるだけでは英語が上達しないようです。
やはりコミュニケーションを取らないと上達しません。
私、ロンドンではほとんど日本人の方とのお付き合い、海外に住んでいた事は恥ずかしくて言えません。
また共通点として、うちの子たち以外に言えることは自分から帰国子女とは言わないのです。
それは帰国子女と言うにはおこがましくて言えないか、負い目であっても決して自慢にすることではないからだと思います。

皇室に嫁がれていらっしゃる妃殿下は皆さま英語が堪能でいらっしゃる。
高円宮妃はイギリス留学をされ通訳をされるぐらい堪能でいらっしゃる。
皇太子妃は海外生活が長く本当の帰国子女でいらっしゃいますが、日本文化に日本に住んでいる人より長けていらっしゃる。
帰国子女であることを忘れさす、細やかなお心をお持ちのようです。
ご本人の努力とお母様が優れていらっしゃることが良くわかります。
帰国子女は母親、家族の努力がないとその後の人生に影響することが有ります。
秋篠宮妃はご自分で「帰国子女だから」とおっしゃるようですが、あまりご活躍を感じません。
ご長女をイギリスに留学させられましたが半年で身につくものではないですが、これからのご活躍を楽しみにしています。

ーー興味深いお話ありがとうございます。外国に住む時期を持つことにより、2つの文化を理解する人になるか、どちらの文化も理解しない人になるか。それってとても大きな差ですよね。 Harunaーー

「可愛い目白」By Satuki [暮らし]

年を取ると一日がいや月日の過ぎるのが早いです。
年末年始とバタバタしているうちに春がいや桜が咲き始めているではないですか!
数年前、食べきれない果物を庭先に置いていたら鳥が来始めました。
その中に目白の番い(何時も二羽で来るのです)が来ました。
林檎より柑橘系が好きみたいで翌年から伊予かんを箱で買って毎日あげていました。
震災の次の年(震災の時、放射能が首都圏でも半端なく降り注ぎました)又食べに来ているかとても心配していましたが
相変わらず二羽でやってきました。
今年も二羽健在でやって来ています。
目白は華の蜜を食べるのでしょうか?
梅の花が咲くと梅の木によく見かけます。
桜が咲く直前まで柑橘類を与えています。
ここの所暖かくなり色々な花が咲き乱れました。
毎日取り換えていた伊予かんorオレンジが残るようになりました。
もう春爛漫な季節になったのですよね。

 ーーーすいません、1週間アップが遅れてしまい、桜は満開となり、
    また花冷えが来ています。
    でも、こうして本格的な春になっていくのですね。
    人々の暮らしも春の明るさに満ちますように。 
    鳥は終生つがいを守るとか。二羽の目白、可愛いですね。 Harunaーーー

「カリフォルニアの食事」 by Satsuki [旅]

アメリカの話が途中でした。
同じ英語圏でもアメリカとイギリスは違うものですね。(当然ですが)
アメリカも西海岸においては(東海岸、南部については行ったことが無いので、私の言うアメリカはカリフォルニアだけです)
日本と似たところがあります。
流行に敏感、ダイエットに気を付けるなど
ヨーロッパでは夫婦での行動が多いように思いましたが、こちらCA(カリフォルニア)では母娘の行動を多く見ました。
女性同士のランチ、母娘(+孫)のランチ
私は主人の仕事の都合(長期休みが取れない)で旅行は何時も娘です。
アメリカのワイナリーのホテルに泊まった時も、母娘(ママ+娘&孫+娘)さんがいらっしゃいました。
朝からスパークリングワイン(アメリカ産なので高級な物でもシャンパンではないのです)を召しあがっているのです。
ミモザ(オレンジジュースとのハーフ&ハーフ)にして
あぁ~、あこがれます!
私はアフターヌーンティにシャンパンをつけるのがやっと
次回はブランチにコレ!(ミモザ)と固く決心をしました!

アメリカはあんまり好きじゃない国でしたが、CAは好きになりそうです。
ワインが安くて美味しいからです。
お料理も日本と変わらないフレンチ(創作料理も)があります。
(食いしん坊の私はこれだけで大好きになります。)
面白いのは高級食材は肉にしろシーフードにしろ日本産なのです。
日本の牛肉、シーフードは一級品なのです。

  ーーーーアメリカもカップルでの行動が多いのかと思っていたので、カリフォルニアでの母娘のランチのお話など興味深く読ませていただきました。ところで娘って良いですよね、大きくなっても母と友達でいてくれるし(笑)、うちも娘がいるのでそのうち海外に一緒に行きたいです。 Harunaーーーー

「年末の漬け物」by Satsuki [暮らし]

ご無沙汰しています。
オーストラリアから帰り風邪が治り切らないでいます。
長く休むと、ますます書き込みが・・・
今日はつまらない話(何時もつまらない話ですがw)

皆さま、ご無沙汰しています。
日々の経つのがが早く今年も二週間余りです。
年末に向けての恒例行事に1つを
12月になると、漬物樽を出してきます。
この季節、白菜漬をするのです。
そして、クリスマス前後にもう一度つけます。
一度目より2度目以降の方が美味しく漬かります。
それはプラスチック樽所以でしょうか?

夏はきゅうり、茄子の糠漬け
冬は白菜漬です。
野菜はその部位によって味が違います。
皆さまは白菜漬のどこが好きですか?
身が厚い根元の方?
葉先?
その間が一番おいしいと思いますが、どちらかと言えば
私は葉先が好きです。
しかし家族は上手く出来ていて、私は葉先、娘は根元近くです。

ホウレンソウはいかがですか?
私はホウレンソウは葉先ではなく茎の方です。
勿論一番おいしいのは茎と葉の境目辺りですが
なのでバランスよく茎と葉を交互に重ねて切ります。
白菜はそうはいかず、切りそろえます。
娘がアメリカに住むようになって、白菜漬は白いところが最後まで残るようになりました。

   ーーー子どもの頃、白菜の漬け物が大好きだったのを思い出しました。ああ、食べたくなってきました。  Harunaーーー

「スケープゴードを求める政治」 by Satsuki [政治]

国民のあまり関心の無い事は粛々と進められる危機

これから政治の台風の目になりそうな、橋下大阪市長
何か、手法が小泉元総理に似ていると思いました。
市民の心をつかむのは一流、パフォーマンスは超一流
しかし内容は破壊しかない。
小泉政権がした改革で益々貧富の差が広がったように思います。
橋下氏も知事時代、経費削減と言いながら千数百億の赤字を増やしたそうです。
徴兵制復活など、極右のような事を言いながら国政に進出しようと思っているらしい。

経費節減のスケープゴードされたのは大阪の文化遺産「文楽」
市の補助金を25%削るというものですが、はじめから5000万円と少ないのに
全国放送でそのやり取りを放送しました。(削っても千数百万)
そしてワイドショーなどで文楽を知らない人にマイクを向けていました。
橋下氏及び文楽を知らない市民は
文楽技芸員に≪活動努力が足りない≫といいますが、少ない人数で毎月興業があるのですよ。
歌舞伎は恵まれていますが、文楽を支えている方々は人間国宝とされている方でも豪邸には住んでいらっしゃらないです。
90歳になろうとされている竹本住大夫(今、体調を壊されています)などもこの前まで舞台に立たれ、歩いてお帰りであった。
これ以上、どうやって働け!と言いたいのか、個人的に憤慨を感じています。
一千万ちょっと削るために、テレビで大々的に放送というパフォーマンスです。
文楽を知らない人へのインタビュー

世の中、このようにイメージ作戦を行っている事って多くないですか?

Assam先生が危惧されている事にもつながる気がします。

文楽について書かれている記事(犬丸治氏は伝統芸能に対して造詣深い(評論家)方です)
http://homepage3.nifty.com/inumaru/newpage2012.06.26.html

 ーーーーナチス政権の時代、「退廃芸術」と名付けられ多くの芸術作品が燃やされました。日本はなんだかそんな方向に向かいだしているようで怖いです。 Harunaーーーー

「アメリカの様子」by Satsuki [ 国と文化]

アメリカから帰ってきて四日たちますが、荷物の整理と家の片付けがまだ終わりません。
やはり、男一人で一ヶ月近く生活していると目に見えないところが汚れています。
水回りです。
排水溝にカビが発生、レンジ周り、シング、頑張れば一日で片付くのですが、ダラダラとしているのではかどりません。

暫くはアメリカ生活で感じたことを書きたいと思います。
財政が破たんしているロサンゼルス、しかしちっとも陰りは見えませんでした。
アメリカの中流と日本の中流を比べると遥かにアメリカの方が豊かです。
住環境は勿論、衣食などこだわらなければとても安いのです。
しかし、アメリカの中流以下の生活は年々厳しくなっているそうです。
少し馴染みになった寿司屋(日本でも流行る美味しい寿司屋でした)のマスターとの世間話ですが
日本人がそう多くない地域なのでお客の多くはアメリカの人です。
アメリカ人にしては皆さんそう多くは食べないので、不思議に思っていると
こちらの人は前菜として寿司を食べにくるそうなのです。
軽くつまんで、あとはほかのレストランに行ったり、家で食べるそうなのです。
アメリカの人がお腹いっぱいお寿司を食べたら、何万円もかかるでしょう。

娘宅から車で20~30分も行くと有名なビーチがあります。
泊まることはなかったのですがホテルランチに行きました。
平日の昼間、あちらでも女性のランチが多いです。
お友達と、母娘、また一人でなど、あぁ日本人の男性グループもいました。
日本からの接待でしょか?
ホテルのメニューもヘルシー志向で、お肉どっさりは無いようです。
サラダにマグロのたたきだったり、牛フィレのたたきだったり、とにかくフレッシュサラダがメインのようになっています。
勿論、お肉、お魚がメインの料理もありますが、ほとんどの人がそのような料理を注文しています。
ちょっとお金持ちは健康志向?
お金持ちほど、太っていないのですよね。
アメリカ人よりふくよかになっている私、本気でダイエットしなくては!と思った次第です。

 ーーーーアメリカ人はセレブほど、健康志向でカロリーを獲らないと言う話、私もどこかで聞いたことがあります。逆に、北朝鮮とかでは太った人がもてるそうで、それも、なんかリアルに飢餓を感じて悲しいですよね。 Harunaーーーー

「アメリカとヨーロッパ」 by Satsuki [ 国と文化]

欧米か!と流行語大賞にノミネートされましたが
日本から見れば、同じ文化に見えるのでしょうが、アメリカとヨーロッパ(これも一括りではないのですが)とりわけ英国とはかなり文化が違っています。
特におもしろいと思ったのは

・犬の飼い方、位置付け
イギリスでは、犬のしつけは厳しく、犬の格付けはw子供より上なのです。
高級なホテルは子供は宿泊だめでも、犬はOK!なのです。
道ですれ違っても犬はレディやジェントルマンのようです。
そして不思議なことに、日本のように朝夕散歩にはあまり巡り会いません。
家の敷地で散歩?

アメリカでは、イギリスのように犬は家の中で飼います。
しかし、朝夕散歩の時、あまり知らない犬だと、吠えます(イギリスでは吠える犬は見たことがありません)
飼い主も、日本のように、日本よりあまりしつけは厳しくないようです。
そして、今居るロサンゼルス郊外では町の至る所で犬のウンチを入れるバッグが常設してあるのです。
デオドラント効果のある特有のバッグです。
それでも、芝生の上などウンチが転がっています。

ゴルフ
発祥はイギリス、盛んなのはアメリカなのではないでしょうか?
お手軽に出来るミニコースはアメリカが多い様に思います。
イギリスのゴルフコースはフェアーアウェーは手入れされていますがラフは草ボウボウで打てないようなところもあります。
しかし、グリーンはビロードのようなとても綺麗な芝です。
そして、ほとんどのゴルファーは自分でカートを引きます。
アメリカはレクレーションのように気軽に楽しんでいます。
ラフも綺麗に刈られています。
健常者でもお手軽に電動カートにのってコースを回っています。

私の例えでは、イギリスに、武士道のように感じ、アメリカはチャンバラを楽しんでいるように見えます。

レストラン

アメリカといえば日本の2人前のような料理が出されるイメージですが、オシャレなレストランはとても盛りつけが綺麗で
新しい(創作)料理が出ます。
特に西海岸では日本の食材OOの和牛OOのオイスターとか高級な料理には日本の食材が使われています。
イギリスもモダンな料理が多くなってきましたが、やはり頑なに西洋料理を感じます。
イギリス料理はまずい!とよく言いますが、それはパック旅行などで出される食事がまずいからではないでしょうか?
(ツアーコンダクターの方に、パック旅行を安く抑えるのに食事の単価を下げる。と聞いた事があります)
個人旅行で、レストランに行って粗末な物、まずい物はなかったです。

イギリスのジャンク料理ですがフィッシュ&チップスは・・・大好きです。
アメリカで軽食を食べるときはクラブハウスサンドウィッチ、イギリスではフィッシュ&チップス(魚は有ればドーバーソウル(舌平目))です。

 ーーーーイギリスの犬の件、興味深かったです。「高級なホテルは子供は宿泊だめでも、犬はOK!なのです。」そうなんですかー。「お」子「さま」なんて、子どもの上下に敬うような言葉をつけている日本は、子ども天国なのかもしれないですね? Harunaーーーー

「アリとキリギリス」 by Satsuki [暮らし]

今まで蟻でいました。
無駄を省きコツコツまじめに生きてきました。
しかし、今の政治、経済を見ているとギリシャやスペインがとても他人事ではありません。
政治的な意図で円高(ツオイ日本)になっていますが、実力はそこまでないかと・・・
近い将来、日本もデフォルトになるかもしれません。
アメリカさんは要領がいいからどんな時もすり抜ける知恵があります。
それも実力のうち!

・・・今、円高の恩恵を受けなくっちゃ!
超インフレになれば今の資産なんて子供の一ヶ月の小遣い程度になるかもしれません。
金相場が上がっているのもどの国もマネーに信用できなくなったからです。
資産に金(ゴールド)を買う余裕もないので、借金しない程度に遊ぶことにしました。
円高の恩恵を受けるのは海外旅行です。
来年の春まで3回船に乗ることにしました。

・・・宝石買っても豚に真珠だし・・・
やっぱり旅行にお金を使うのが良い!
船でドレスアップするときには見栄えの良いフェイクを使いましょうw
着物を着れば、宝石はあまりいらないですよね。
旅に出かけましたら、こちらで報告させて頂きますね。
先ずは11月、皆既日食を見るためにオーストラリア周辺に行って来ます。

死ぬまでには皆既日食とオーロラを見るのが夢だったんです。
先ずは1つの夢を達成したいです。

 ーーー「皆既日食とオーロラを見るのが夢」って素敵ですね! 私はオーロラが見に行きたいな。
日本人の美徳である「こつこつと堅実に働く」努力を、政治が無駄にしてしまっている感がありますよね。円高を利用した海外旅行、私もしたいなー。 Haruna ーーー
前の10件 | -