So-net無料ブログ作成
検索選択

「色、色々」 by Satsuki [ 国と文化]

昔一番色の多い種類があるのは日本ではないでしょうか?
http://www.colordic.org/w/
化学染料の無い時代これだけの↑色があったのですね
勿論、科学染料中心の現代でははるかに多くの色の種類があります。
染料については詳しくないですが、藍なら漬ける回数、漬ける時間によって色合いが違います。
微妙な色の差を作ってそれぞれに名前を付ける、日本って本当に繊細な感覚を持っているんですね。
虹の色も日本では七色ですが、海外だと6色、3色という国があります。

そして繊細な割に大胆な表現があります。
信号機を見ればわかります。
実際は緑なのに「青」と言います。
海外では「黄色」の表現が微妙に違います。
フランスでは「オレンジ
イギリスでは「アンバー」(琥珀)
と言います。

危険を表す「赤」だけはどの国も同じなんですね。

 ーーーー日本の伝統色って本当にたくさんありますね。海外の色鉛筆とか、日本の物と微妙に違ったりします。色とお国柄って面白いですね。 Harunaーーーー

「ぬか漬け」by Satsuki [暮らし]

今まであった糠床が美味しくなくなり漬物も休んでいましたが、大阪から水ナスを送ってもらい
周りについてある糠みそを種にして糠漬けを始めました。
先ずはきゅうり、今朝1本上げてみましたが、美味しく漬かっていました。
クールビズの最近の夏は、食べ物からも体を冷やすことを考えないと暑くて乗り切れません。
野菜をたくさん取るには漬物が一番です。
茄子、キュウリが王道ですが、ゴーヤの糠漬けも美味しいですよ。
やはり苦味は残りますが、薄くスライスしてり鰹をふりかけて食べるとおいしいです。

糠漬けで気をつけないといけないのは、糠は西日本で作った糠にした方が良いと思います。
糠には米からの放射能が多く含まれている事と、また糠から漬物の野菜が放射能を吸収する
そんな話もあるようです。

昔は栄養の事だけを考え野菜を買っていましたが、去年からまた別の心配をしながら食品を選ぶ時代になりました。
しかし、去年に比べれば食物選びも寛容になってきました。
数百年、放射能によっては何万年たたないと元の環境にはなりませんが、気にしても避けられないので、
受け入れざるを得ないようになってきたのではないでしょうか?

 ーーーー夏野菜の漬け物、良いですね。
本来、東北は農産物の良い産地なのに、復興のためには買うべきだと思う気持ちと、家族の安全を考える気持ちが葛藤する。そして、17万人デモの記事が載らない新聞もある怖さ。
日本の明日はどちらにあるのでしょう・・・・。Harunaーーーー

「ことわざ」 by Satsuki [言葉]

「朱に交われば赤くなる。」

He who touches pitch shall be defiled therewith
洋の東西を超えてある諺です。
分かりやすいのは水に一滴の墨を落とせば真水は濁って飲めなくなります。
良い連鎖なら良いのですが、先行きが見えない今は負の連鎖しか見えません。
デフレスパイラルで景気はよくならず。
国民のお手本の皇室も、ゴシップが毎週のように週刊誌で書かれています。
これで国民が聖人君子のようにモラルを守れるのか?と思ったりします。
有る皇族は人手が足りない、予算が無いとおっしゃっています。
今までその皇族より大家族で、皆さまご立派に皇族として成人されています。
高貴なお方が、金が無いとは、庶民の私でさえ恥ずかしくて言葉に出来ない「言葉」です。
その影響か、生活保護費不正受給をはじめ自分さえよければと言う考えがまかり通っているということです。
また、昭和時代のようにご一家が仲良く、癒される写真も少なく、世代断絶かと思うようなことが皇室で見受けられるような気がします。
下々も貧しくて子供を守ることができない。堂々と親子断絶など家族間に愛が無くなってきているように思います。

「悪貨は良貨を駆逐する」

悪人のはびこる時代は善人は不遇である。
悪貨は力で良貨をつぶしているように見えないこの頃です。

こんな欲望むき出しな時代でも
「武士は食わねど高楊枝」
プライドを持って正しくいきたいと思います。
大多数の日本の国民は私と一緒で清く正しく生きていらっしゃると思います。
しかし、一部の朱によって、乱れた世の中になるのは悲しい事です。

 ーーーー皇室と言えば、三笠宮殿下のご容体が気になります。長老殿下は、上品でかつ国民を癒す力があった時代の皇室を体現されています。ご快癒を祈ります。 Harunaーーーー

「ダイヤモンドの輝き」 by Satsuki [ジュエリー]

ダイヤモンドにまつわる話はいっぱいあります。

呪いのダイヤとされた、ホープダイヤ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89

金色夜叉の寛一お宮で「ダイヤモンドに目が眩み」・・・など

人は何故ダイヤに見せられる(魅せられる)のでしょうか?
人と申しましても、男性はダイヤからの利権$£€¥でしょが、女性は時には理性を失う位の魔力に取りつかれるのです。
日本は初めてダイヤを見たのはオランダ貿易のころですが、いかんせん!商人の男性がそれを見たので(価値がわからず)日本に入ってきたのは明治になってからです。
もし江戸時代に入ってきたら、暴利をむさぼられたでしょう。

(ここからは私の考えですが)
ダイヤは王室貴族のステータスとして珍重されています。
王の威厳、クイーンのステータス、権力ある男から愛人への最高のプレゼント
しかしほとんどのダイヤは石粒のような大きさです。
そんな小粒でも魅了する力は・・・

ダイヤの輝きなのですが宝石店では目映い光を解き放ちますが、日本の一般家庭に多い蛍光灯ではその美しさは半減です。
白熱灯、LEDでは輝きが増します。
昔の環境下ではどんな輝きかと、蝋燭の下で試しましたが、もう煌びやかに妖しく輝くではありませんか。
電灯のように明るくない、火を灯りにしていた時代、妖しく輝くダイヤは、心を虜にしたでしょうね。
イギリスアンティークのアクセサリでマーカサイト(マルカジット)は黄鉄鉱を研磨してメレダイヤのようにしてシルバーに埋め込まれたアクセサリーです。
庶民のダイヤ、黒ダイヤとして、これも蝋燭の下で光り輝きます。
幸い日本では宝石と言えば、翡翠、珊瑚、水晶、(鼈甲、象牙)、光り輝く宝石は好まれなかったのでしょう。

一時宝石に興味を持った時がありました。
娘が居るので無駄にはならないと思い、少しづつ買い求めました。
レアな物で「アレキサンドライト」「パライバトルマリン」も手に入れましたが、やはりダイヤの輝きが一番引き付けられます。
生意気を申しますと
「ダイヤに入りダイヤに終わる」
しかし、翡翠に癒されるこの頃ですw

 ーーーーダイヤが蝋燭のもとで美しく輝くお話、興味深いです。美術館に飾られているルネサンスの名画も、描かれた当時は夜会で見られることを想定していました。蝋燭の光を反射させる箔を混ぜたりしているようですよ。 Harunaーーーー

「ヒロシです!」 by Satsuki [音楽]

「ガラスの部屋」http://www.youtube.com/watch?v=ljDcvhkRuOc&feature=related
をバックに呟く「ヒロシ」ではありません。

ピアニスター「HIROSHI」です!
芸大の音楽部を出てピアニストであったのですが、彼のパロディが「ピアニスト」を名乗ることが許されなくなったとか・・・
大ファンである友人に誘われ今年で3回めのコンサートに行ってきました。
彼はまさしく「楽しい音楽」を奏でるアーティストだと思います。
(正統な)クラッシック、クラシックと融合etc.即興曲 等々
クラッシックと融合は
「ワルトシュタイン」と「さっちゃん」が「そなた、わりと“さっちゃん”主体、ん!?」
洒落とおしゃべりが軽妙、またテールコートが留袖、白無垢の生地で作ったお洒落な物
耳と目でも楽しませてもらいます。

今年はエディット・ピアフ没50年、ビートルズ、デビュ―50年ということで
シャンソン音楽のメロディー
ビートルズナンバーとクラッシックの融合
(分かったものだけ)
ベートーベン「月光」「イエスタデー」
ショパン「ポルネーズ」「ミシェル」

一番のお楽しみは、題名のしりとりメドレー
会場からリクエストで綴りますが、少年からご年配の方までがリクエストされていました。
音楽全般が好きな方にとってはとても楽しいコンサートだと思います。
毎年、上野の森のホール、初夏にコンサートがあります。

 ーーーーピア二スターHIROSHIのコンサート楽しそう!YOUTUBEで見ているだけでも引きこまれますね。Harunaーーーー