So-net無料ブログ作成
検索選択

「スケープゴードを求める政治」 by Satsuki [政治]

国民のあまり関心の無い事は粛々と進められる危機

これから政治の台風の目になりそうな、橋下大阪市長
何か、手法が小泉元総理に似ていると思いました。
市民の心をつかむのは一流、パフォーマンスは超一流
しかし内容は破壊しかない。
小泉政権がした改革で益々貧富の差が広がったように思います。
橋下氏も知事時代、経費削減と言いながら千数百億の赤字を増やしたそうです。
徴兵制復活など、極右のような事を言いながら国政に進出しようと思っているらしい。

経費節減のスケープゴードされたのは大阪の文化遺産「文楽」
市の補助金を25%削るというものですが、はじめから5000万円と少ないのに
全国放送でそのやり取りを放送しました。(削っても千数百万)
そしてワイドショーなどで文楽を知らない人にマイクを向けていました。
橋下氏及び文楽を知らない市民は
文楽技芸員に≪活動努力が足りない≫といいますが、少ない人数で毎月興業があるのですよ。
歌舞伎は恵まれていますが、文楽を支えている方々は人間国宝とされている方でも豪邸には住んでいらっしゃらないです。
90歳になろうとされている竹本住大夫(今、体調を壊されています)などもこの前まで舞台に立たれ、歩いてお帰りであった。
これ以上、どうやって働け!と言いたいのか、個人的に憤慨を感じています。
一千万ちょっと削るために、テレビで大々的に放送というパフォーマンスです。
文楽を知らない人へのインタビュー

世の中、このようにイメージ作戦を行っている事って多くないですか?

Assam先生が危惧されている事にもつながる気がします。

文楽について書かれている記事(犬丸治氏は伝統芸能に対して造詣深い(評論家)方です)
http://homepage3.nifty.com/inumaru/newpage2012.06.26.html

 ーーーーナチス政権の時代、「退廃芸術」と名付けられ多くの芸術作品が燃やされました。日本はなんだかそんな方向に向かいだしているようで怖いです。 Harunaーーーー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0