So-net無料ブログ作成

「ことわざ」 by Satsuki [言葉]

「朱に交われば赤くなる。」

He who touches pitch shall be defiled therewith
洋の東西を超えてある諺です。
分かりやすいのは水に一滴の墨を落とせば真水は濁って飲めなくなります。
良い連鎖なら良いのですが、先行きが見えない今は負の連鎖しか見えません。
デフレスパイラルで景気はよくならず。
国民のお手本の皇室も、ゴシップが毎週のように週刊誌で書かれています。
これで国民が聖人君子のようにモラルを守れるのか?と思ったりします。
有る皇族は人手が足りない、予算が無いとおっしゃっています。
今までその皇族より大家族で、皆さまご立派に皇族として成人されています。
高貴なお方が、金が無いとは、庶民の私でさえ恥ずかしくて言葉に出来ない「言葉」です。
その影響か、生活保護費不正受給をはじめ自分さえよければと言う考えがまかり通っているということです。
また、昭和時代のようにご一家が仲良く、癒される写真も少なく、世代断絶かと思うようなことが皇室で見受けられるような気がします。
下々も貧しくて子供を守ることができない。堂々と親子断絶など家族間に愛が無くなってきているように思います。

「悪貨は良貨を駆逐する」

悪人のはびこる時代は善人は不遇である。
悪貨は力で良貨をつぶしているように見えないこの頃です。

こんな欲望むき出しな時代でも
「武士は食わねど高楊枝」
プライドを持って正しくいきたいと思います。
大多数の日本の国民は私と一緒で清く正しく生きていらっしゃると思います。
しかし、一部の朱によって、乱れた世の中になるのは悲しい事です。

 ーーーー皇室と言えば、三笠宮殿下のご容体が気になります。長老殿下は、上品でかつ国民を癒す力があった時代の皇室を体現されています。ご快癒を祈ります。 Harunaーーーー
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

haruna0123

「お天道様は見ている」という、日本の昔からある素朴な道徳心。「他人は欺せても、自分と神様は欺せない」という心の戒め。
お天道様=太陽=天照大神。その子孫であるべき人達が、見てくれだけ取り繕い裏で不正を働いたら、日本の道徳は成り立ちはしません。

天皇家が「お天道様=太陽=天照大神」の子孫であることを無視して、神武天皇の子孫なのだと言う事ばかりを声高に言い出してから、皇室は大きく歪んだと思います。

「道徳の源、生命を照らす源」の天照大神との繋がりという、精神的な志を捨て、「神武天皇のY染色体」などという、即物的なものを崇めている。
そんな勢力におもねるようになった平成の御代は暗いですね。

by haruna0123 (2012-07-10 11:43) 

satsuki

harunaさま、いらっしゃいませ!

私が小さい時よく聞かされた言葉「お天道様は見ている」
どんな時も正直にしないと・・・言われたような(だからそのまま育ってしまおました)

「天網恢恢疎にして漏らさず」
不正は絶対見過ごされない!・・・この言葉を信じています。
何となく代替わりしたら平成のボロが出てきそうな予感です。

by satsuki (2012-07-10 18:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0